鹿児島 種子島・屋久島・口永良部島



鹿児島 しまのサポーター 鹿児島 しまのサポーター


本文

HOME > 住宅・雇用情報 > 離島別に探す > 種子島・屋久島・口永良部島

種子島・屋久島・口永良部島 お住まい・お仕事のご案内

お仕事をお探しの方へ

支援施策制度のご紹介

西之表市地域おこし協力隊員募集

西之表市の実情を理解し、離島の特性を活かし、持続可能な島づくりを実現するため「地域おこし
協力隊員」を募集します!島にある様々な資源を見つけて地域を活性化したり、島外からの移住・
交流人口を増やす活動を行っていただきます!島の人たちの笑顔が増えるような活動を通して、
人と人とのつながりを大切に生きていきたい方、積極的な応募を待っています! 


「歴史」「文化」「人」「自然」魅力あふれる西之表市で一緒に島づくりを始めてみませんか。


【募集人員】1名(島の学校活用サポーター)※随時勤務・採用時点で年齢22歳以上の方
【給与・保険】月額160,000円、社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)に加入
【勤務日】原則として、月曜日から金曜日までの週5日間
【勤務時間】原則として、8時30分から17時15分まで
     (12時~13時までは休憩時間、1日7時間45分)                 
【募集対象】
 ・社会人経験のある方(民間、公務員、自営業など)
 ・地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条に規定する欠格条項に該当しない方
 ・申込時点で、三大都市圏又は地方都市等に在住し、採用後西之表市に生活の拠点を移し、
  住民票を異動できる方
 ・心身ともに健康で、地域住民と協力しながら熱意を持って地域の活性化のための活動に
  取り組める方
 ・積極的に島社会に入り込み、地域活動をともにできる方。住民等と十分にコミュニケーション
  が取れる方
 ・パソコンを活用し、ブログやホームページ等の管理ができる方
 ・採用日までに普通自動車運転免許(オートマのみも可)を所持していること
【受付応募期間】      
 2019年9月1日~2019年10月31日17時15分 ※必着


 ※詳細については、西之表市HPをご覧ください。
  http://www.city.nishinoomote.lg.jp/admin/topics/4590.html

屋久島町山海留学生募集(屋久島町)

令和2年度の屋久島町山海留学生(屋久島・口永良部島)を次のとおり募集します。


1 留学期間
 令和2年4月1日から令和3年3月31日までの1年間(継続可能)


2 募 集
 「山海留学申込書(屋久島)」及び「山海留学申込書(口永良部島)」に記載のうえ、
 末尾記載の事務局へ送付してください。
 ○第1次募集 令和元年8月1日から令和元年10月31日まで
  (口永良部島南海ひょうたん島留学は11月末日まで)
 ○第2次募集 令和元年12月上旬から令和2年1月31日まで
  (第1次募集で定員に満たない場合,第2次募集を行います。)


3 面 談
 (1)面談日:令和元年11月16日(土)
        令和元年11月23日(土)
        ※両日のいずれか,ご希望する時間となります。
        ※口永良部島南海ひょうたん島留学は,上記に関わらず希望する日時に
         随時面談を行います。
 (2)時 間:午後2時から午後5時まで(30分程度)
 (3)場 所:屋久島町総合センター(屋久島町役場安房出張所)
        ※口永良部島南海ひょうたん島留学は、口永良部島にて実施します。
 (4)その他:面談に要する費用は、すべて申込者負担になります。


4 選考方法
 各校区実施委員会において,受入れ可能人数・世帯数等を調整したうえで決定します。


5 決定通知
 令和元年12月上旬に,文書でお知らせします。


ご希望の方は、内容詳細を屋久島町HPより確認の上、お申込みください。
http://www.town.yakushima.kagoshima.jp/info-living/22951/


お問合せ先
 〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
 【屋久島町山海留学実行委員会事務局】
 電話:0997-43-5900(内線313) FAX:0997-43-5905

南種子町移住定住促進補助金(南種子町)

南種子町では、これから南種子町に移住や定住を希望する方の住宅環境整備を促進するために、
「移住定住促進補助」が令和元年10月1日から始まりました。


補助対象
 ・町外から南種子町に移住を希望する者
 ・南種子町にお住まいで、上中地区を除く地区に定住を希望する者
 ・空き家バンク登録物件の所有者又は借り主


対象となる事業(町内業者が施工する事業に限る)
 ①上中地区を除く地区の新築費用(事業費税抜500万円以上に限る)
 ②本町全域の中古物件購入費用及び改修費用(事業費税抜100万円以上に限る)
 (但し、上中地区の場合は移住者のみを対象)
 ③南種子町空き家バンク制度の登録物件に係る改修費用や家財道具運搬及び廃棄費用
 (事業費税抜50万円以上に限る)


改修費用とは・・・
 ・増改築及び間取りの変更
 ・屋根のふき替え、塗装及び補修
 ・外壁の張替え、塗装及び補修
 ・壁、床及び天井の張替え及び補修
 ・台所、トイレ、浴室、洗面所等の改修
 ・電気及び給排水工事(浄化槽設置工事を除く)


助成金額(限度額200万円)
 ①新築費用の20%
 ②購入費用及び取得に際し必要な改修費用の20%
 ③改修費用の50%
 ④上中地区を除く地区において、①から③の事業を行った場合、その物件に同居する中学生
  以下の子ども1人につき20万円加算。(但し、限度額の範囲内。)
 ※申請方法や具体的な詳細は南種子町HPまで→http://www.town.minamitane.kagoshima.jp/industry/etc/ijyuteijyusokushinhojyo.html


お問合せ先
 企画課観光経済係 TEL:0997-26-1111 内線(174 173)

町営住宅

町では、「公営住宅法」及び「町営住宅管理条例」に基づき、住宅に困窮する低額所得者を対象に賃貸しています。入居できる方は、次の入居資格を全て満たすことが条件です。


詳細は下記よりご覧ください。
http://town.nakatane.kagoshima.jp/kkanri/kurashi/sumai/koejutaku/choejutaku.html

南種子町宇宙留学制度(南種子町)

親元を離れて、日本で一番宇宙に近い島「種子島」で生活し、南種子町内の小中学校へ通います。


1.里親留学【事業拡充】(小学2年生~中学3年生まで)
 南種子町が委嘱する里親のもとで1年間留学を行います。


2.家族留学【事業拡充】(小学1年生~中学3年生まで)
 南種子町内にある住宅に家族で1年間留学します。住宅については宇宙留学連絡協議会事務局が指定致します。


3.親戚留学【事業拡充】(小学1年生~中学3年生まで)
・親戚限定の留学
 南種子町内の親戚(3親等以内)のもとで1年間留学を行います。


※詳細は下記参照
http://www.town.minamitane.kagoshima.jp/education/ucyuryugaku.html

空き家バンク制度(南種子町)

南種子町では、空き家の有効活用を通じて、空き家バンク制度を始めました。

空き家の売買、賃貸等を希望する空き家の所有者から申し込みを受けた情報を、町内へ定住等を目的とした利用希望者に対して情報提供をします。


詳細はこちらからご覧ください

http://www.town.minamitane.kagoshima.jp/industry/etc/akiya_bank.html

屋久島町くらし体験住宅(屋久島町)

屋久島町への移住を希望する方を対象に、島での暮らしを体験するための住宅を4棟用意しています。


○入居要件
 1.屋久島町外にお住まいで、本町への移住を希望する方
 2.使用料等を滞りなく支払うことができる方
 3.体験住宅の使用に関し、本町が行う施策に協力することができる方
 4.地域住民と円滑かつ積極的に交流がもてる方
 5.移住を希望する方または同居をしようとする方が暴力団員でない方


○使用期間
 3か月以上1年以内


○使用料
 月額10,000円
 ※光熱水費は利用者負担です。


詳しくは、屋久島町役場観光まちづくり課までお問い合わせください。

中種子町地域定住支援事業(中種子町)

新たに指定地域に定住しようとする満50歳以下の夫婦世帯(婚姻予定者や子供のいる世帯も含む)が指定地域内に住宅建築・住宅購入・住宅改修を行う際、その費用の一部を補助。

【助成金の額】

住宅建築 住宅建築費用の10%(限度額100万円)
(ただし、費用が500万円以上であること)
住宅購入 住宅購入費用の10%(限度額100万円)
(ただし、費用が200万円以上であること)
住宅改修 住宅改修費用の20%(限度額100万円)
(ただし、費用が200万円以上であること)

【子供加算】
中学生以下の子供一人につき10万円加算(限度額30万円)

西之表市 支援施策制度(西之表市)

【地域支援課】

・西之表市外から指定地域内(主に大字地域)に居住する満65歳以下の夫婦世帯への定住補助
(平成30年4月~平成33年3月まで)

・家賃・住宅リフォーム・住宅建築(購入)(ただし住宅リフォームは満45歳以下)

・空家バンク事業

・移住交流体験住宅(短期滞在型)


【社会福祉協議会】

・生活福祉資金の貸付


【教育委員会総務課】

・奨学金の貸し付け




  • お問い合わせ
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • SNS運用方針