鹿児島 種子島・屋久島・口永良部島



鹿児島 しまのサポーター 鹿児島 しまのサポーター


本文

HOME > 住宅・雇用情報 > 離島別に探す > 種子島・屋久島・口永良部島

種子島・屋久島・口永良部島 お住まい・お仕事のご案内

お仕事をお探しの方へ

お住まいをお探しの方へ

支援施策制度のご紹介

空き家バンク制度(南種子町)

南種子町では、空き家の有効活用を通じて、
空き家バンク制度を始めました。
空き家の売買、賃貸等を希望する空き家の所有者から申し込みを受けた情報を、
町内へ定住等を目的とした利用希望者に対して情報提供をします。
詳細はこちらからご覧ください

http://www.town.minamitane.kagoshima.jp/industry/etc/akiya_bank.html

うみがめ留学(中種子町)
平成31年度第21期うみがめ留学生を随時、募集しています。(募集期間:平成30年12月末日)

■うみがめ留学制度とは...
中種子町では、地域活性化の一環として平成11年度より「つまべに留学制度」(実施校:油久小学校)を発足させ、 平成14年度あらたに実施校として岩岡小学校が加わり「たねがしま留学制度」と名称を変更しました(現在は、岩岡小学校でのみ実施)。
平成30年度には、名称を「うみがめ留学制度」とし、星原小学校で実施委員会を発足。平成31年から、受入開始となります。
留学児童は地元小学校区の家庭で1年間生活をし、種子島の恵まれた自然環境や施設等を利用して、都会では味わえない自然体験や地元住民とのふれあい活動を通じて、「生きる力」を育成する体験学習制度です。

■留学期間
平成31年4月~平成32年3月

■実親負担額
里親(親戚)留学制度月8万円(うち5万円が町助成金の為、実質3万円)その他(給食費や医療費、遠足経費など児童にかかるもの)
家族留学制度児童にかかる経費は、原則として実親の負担。留学支援補助として、留学児童1人につき月額5万円を支給します。

募集人数
里親留学小学2年生~6年生児童
家族留学・親戚留学小学1年生~6年生児童
うみがめ留学連絡協議会において人数の決定、選考をいたします。(開催日未定)
屋久島町くらし体験住宅

屋久島町への移住を希望する方を対象に、島での暮らしを体験するための住宅を4棟用意しています。

【入居要件】
①屋久島町外にお住まいで、本町への移住を希望する方
②使用料等を滞りなく支払うことができる方
③体験住宅の使用に関し、本町が行う施策に協力することができる方
④地域住民と円滑かつ積極的に交流がもてる方
⑤移住を希望する方または同居をしようとする方が暴力団員でない方

【使用期間】
3か月以上1年以内

【使用料】
月額10,000円
※光熱水費は利用者負担です。

詳しくは、屋久島町役場企画調整課までお問い合わせください。

中種子町地域定住支援事業

新たに指定地域に定住しようとする満50歳以下の夫婦世帯(婚姻予定者や子供のいる世帯も含む)が指定地域内に住宅建築・住宅購入・住宅改修を行う際、その費用の一部を補助。

【助成金の額】

住宅建築 住宅建築費用の10%(限度額100万円)
(ただし、費用が500万円以上であること)
住宅購入 住宅購入費用の10%(限度額100万円)
(ただし、費用が200万円以上であること)
住宅改修 住宅改修費用の20%(限度額100万円)
(ただし、費用が200万円以上であること)

【子供加算】
中学生以下の子供一人につき10万円加算(限度額30万円)

西之表市 支援施策制度

地域支援課

西之表市外から指定地域内(主に大字地域)に居住する満65歳以下の夫婦世帯への定住補助
(平成30年4月~平成33年3月まで)

家賃・住宅リフォーム・住宅建築(購入)(ただし住宅リフォームは満45歳以下)

空家バンク事業

移住交流体験住宅(短期滞在型)

社会福祉協議会

○生活福祉資金の貸付

教育委員会総務課

○奨学金の貸し付け




  • お問い合わせ
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて