鹿児島 奄美群島



鹿児島 しまのサポーター 鹿児島 しまのサポーター


本文

奄美群島 お住まい・お仕事のご案内

支援施策制度のご紹介

離島航空割引カード

平成8年12月21日より実施されている割引制度で、このカードを利用すると鹿児島県内における離島間の航空運賃が割引されます。また年間を通じていつでも利用できます。

使用条件

航空券を購入する際に、割引カードを提示してください。
(予約の場合は、カード番号を伝えてください。)

割引対象者

喜界町に住所を有する住民が対象となります。(12歳以上)


運賃
割引対象路線の運賃表

喜界-鹿児島
(通常)\27,300 →(割引)\12,500
喜界-奄美大島
(通常)\10,700 →(割引)\4,900
片道でも可


URL: https://www.town.kikai.lg.jp/juki/kurashi/todokede/tetsuzuki/waribiki-card.html

【第2回】徳之島町学生等支援臨時給付金について


 高等教育機関のない本島を離れ、島外で就学する大学生等とその家族を応援するため、学生等支援臨時給付金(3万円)給付事業を実施します。


令和2年8月12日から令和3年3月31日までの間において、次の全ての要件を満たす方が対象です。

大学、短期大学、大学院、高等専門学校、専修学校〔専門学校を含む。〕、予備校等(以下「大学等」という。)又は海外で開設している大学等と同程度の教育機関に在学している方又は休学中の方(対象者を拡充しました。)
大学生等の誕生日が平成14年4月1日以前である
在籍する学校種又は課程が通信制ではない
就学期間が1年以上の大学等に在学中又は休学中である
世帯主(保護者)が、申請日において本町の住民基本台帳に記録されており、かつ、世帯構成員全てにおいて町税・使用料等の滞納がないこと(滞納がない方:納付誓約履行中の方を含む)


URL: http://www.tokunoshima-town.org/kikakuka/chose/shisaku/02gakuseishienrinjikyufukin.html


※詳細は上記URLへ

知名町地域子育て支援拠点事業

(1)ひろば


 ア 子育て親子の交流の場の提供と交流の促進
  親子が気軽に、かつ、自由に利用できる交流の場の設定や子育て親子間の交流を深める
      取組等を実施する。


 イ 子育てに関する相談、援助の実施
  子育てに不安や悩みなどを持っている親子に対する相談、援助を関係機関と連携を図り実施する。


 ウ 地域の子育て関連情報の提供
  親子が必要とする身近な地域の様々な育児や子育てに関する情報を提供する。


 エ 子育て及び子育て支援に関する講習等の実施(月1回以上)


(2)乳幼児一時預かり


 ア 保護者の疾病、リフレッシュ時等に、乳幼児の一時的な預かり保育を実施する。


 イ 対象者は、町内に居住している概ね生後6か月から小学校就学の始期に達するまでの乳幼児

     (保育所、認定こども園等に通っていない、又は在籍していない乳幼児とする。)。

       ただし、その他町長が特に必要と認める場合は、この限りでない。
  
 ※祖父母等が町内に居住している場合は、母親の里帰り出産等により町内に居住していない

      乳幼児も対象とする。


 ウ 実施は、午前7時30分から午後7時30分までの間で、6時間以上開所し、1単位1時間とする。


URL: https://www.town.china.lg.jp/kosodate/20210201poropo.html

大和村就学学生支援金

大和村では、新型コロナウイルス感染症の影響により、奄美大島島外で生活し就学を続けていくことに不安を抱える学生の保護者に対し、必要な援助を与えることにより、学生等が就学をあきらめることがないよう支援をすることを目的として支援金の支給をしております。


支給額は1名あたり50,000円を1回支給する。


※詳細につきましてはURLからご覧ください。
https://www.vill.yamato.lg.jp/kyoiku/shienkin.html

就学援助制度

瀬戸内町では,お子さんが学校で楽しく勉強できるよう,経済的な理由でお困りの保護者の方に対して,学用品や給食費などの費用を援助しています。


所得状況などをもとに審査を行い,認定された場合には「学用品費・新入学学用品費・通学費・校外活動費・学校給食費など」の経費を援助します。


詳しくは下記URLまで

http://www.town.setouchi.lg.jp/k-gakkou/20210209syugakusiensedo.html

地域おこし協力隊募集

沖永良部島(おきのえらぶじま)和泊町で地域おこし協力隊を募集!課題は、島で獲れる水産物を使った商品開発と販路の開拓。島内外での需要を掘り起こし、島の漁業の未来を拓けるチャレンジングな『シーフードプロデューサー』を探しています。


URL: http://www.kurasu-wadomari.info/archives/7076

徳之島町定住促進住宅

徳之島町では、定住促進及び地域の活性化を図るために、定住促進住宅を設置しています。町北部に位置する金見集落にて、町が民間の空き家を借り受け、改修し移住定住希望者へ転貸しています。


入居の条件


集落の活性化の担い手となる者
現に同居し、又は同居しようとする親族(事実上婚姻関係と同様の事情にある者、または婚約者を含む)があること。
住所を徳之島町に有し、又は入居後に本町に移すことが確実であること。(群島外より移住希望の方、若しくは群島外より本町に移住して一年未満の方)
入居者及び同居親族が暴力団員でないこと。
居住地の市町村で税等を滞納していないこと。


URL:http://www.tokunoshima-town.org/kikakuka/teiju_house.html

大和村里親留学制度

大和村では、平成20年度から村内各学校の教育の向上と定住の促進を目的とした、
「大和村里親留学制度」を実施しています。村外から村内の小中学校へ入学転入を希望する
児童生徒を受け入れた方は、月額30000円助成します。


下記よりご覧いただけます。
https://www.vill.yamato.lg.jp/kikaku/kurashi/iju/shisakushokai/ryugakusedo.html

求人情報あまみ

求人情報あまみ

雇用についてはこちらのリンク迄どうぞ
https://www.uken.net/kouhoutoukei/kurashi/shushoku/kyujin/documents/kyuujin29425ver4.pdf

宇検村 支援施策制度(教育行政)

・村内学校給食費の無償化
・中学卒業までの医療費全額助成
・専門学校通学助成金


URL:http://www.uken.net/shiseihoshin/h31shiseihoshin.html

沖永良部島フリー滞在プログラム

移住者と話をしたい、島んちゅ(島民)と話をしたい、役場、学校、病院などの施設をじっくり見学したい、伝統行事や集落行事に参加してみたいなど、島への移住前に知りたい、やりたいことをサポートするためのプログラムです。


・先輩移住者・地元民と語ろう
・知名町の移住担当者と話をしてみたい
 知名町の行政サービスについてご相談に応じます。
・集落散策
 知名町の歴史や自然、文化に触れる散策ツアーです。 
・子育て施設見学
 保育所や小中学校をご案内します。小規模校ならではの先生と児童生徒の距離が近く親密で温かい学校です。
・沖永良部エコツアーネットのフリー滞在プログラムガイド
 移住者と話をしたい、島んちゅ(島人)と話をしたい、役場、学校、病院などの施設をじっくり見学したい、移住について知りたいけれど自然も見たいなど、ご希望をお知らせください。見学したいことやりたいことにあわせて紹介します。
・空き家物件見学
和泊町・知名町の定住促進住宅や、空き家バンク物件が見学できます。
・不動産事情を知る
不動産会社を紹介します。不動産会社が扱う物件を見学したり、沖永良部島の仲介物件の特徴や家賃相場などを詳しく説明します。


開催期間
~2021/3/31


URL:https://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2020/erabu/index.html

移住・定住支援(助成金、補助金)情報

・【助成金】天城町お試し移住体験事業
「天城町へ移住したいな~。でも、いきなり移住はハードルが高いなぁ...」
そんな方には、お試し移住体験で天城町へ「プチ移住」してみてはいかがですか?


・【補助金】天城町お帰りなさい住宅改修補助金
天城町へUターンを希望している方、必見です!
「天城町へUターンしたいけど、島にある家は古くて住むのが難しいなぁ...」
天城町へ安心して帰ってきてほしい。あなたのふるさと、天城町の思いを形にしました。


・【補助金】天城町UIターン起業家支援補助金
天城町で新しく起業をしたいUターン、Iターンの方。
あなたの熱い思いを、天城町がバックアップします!


・【補助金】天城町新婚さん応援生活補助金
令和2年4月1日以降に婚姻届を提出し、夫婦共に45歳以下の新婚さん必見!
天城町に住んでいる新婚世帯の新しい門出を全力で応援します!


URL:https://www.town.amagi.lg.jp/docs/946.html

徳之島フリー滞在プログラム

移住者と話をしたい、島んちゅ(島民)と話をしたい、伝統行事や集落行事に参加してみたいなど、島への移住前に知りたい、やりたいことをサポートするためのプログラムです。


開催期間
~2021/3/31


URL:https://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2020/toku/index.html

『現役東大生によるインターネットを使った遠隔授業』(受講料無料)受講生徒・支援員募集について

対 象:中学1年生~3年生/高校1年生~3年生
教 科:数学
日 程:令和2年7月5日(日)~令和3年3月7日(日)
    毎週日曜日+夏季講習+冬季講習
    7月:5日(日)・12日(日)・19日(日)
    8月:【夏季講習】3日(月)~7日(金)・24日(月)~28日(金)
    9月:6日(日)・13日(日)・27日(日)
時 間:【中学生】16時30分~18時00分【高校生】18時30分~20時00分
場 所:伊仙町歴史民俗資料館1F・3F・4F
申 込:伊仙町教育委員会社会教育課
T E L:0997-86-4653
Email:isensya@oregano.ocn.ne.jp
※上記のネット授業やその他の学習支援をしてくださる方も募集中です。時給897円~(経験者優遇)

URL:https://www.town.isen.kagoshima.jp/shakyo/kosodate-kyoiku/toudainetto.html

RITOLAB 2020 ONLINE SCHOOL受講生募集のお知らせ

昨年7月、鹿児島離島の人々と地域をつなぎ,新たな価値を創造するコミュニティ「鹿児島離島文化経済圏」通称=リトラボが始まりました。

南北600 キロに広がる鹿児島県下27 の有人離島。今年度は,それぞれの異なるテーマを持って地域おこしに取り組む島民と本土地域の民間・行政などあらゆる垣根を超えたパートナーとともに,鹿児島離島の「課題」を「価値」に変えていくためのオンラインスクールを開校(港)致します。

◎対象者
 ・離島地域の課題意識をお持ちの方
 ・現在、課題解決に向けて挑戦されている方
 ・離島在住の第一次産業に関わる方
 ・地域デザインや地域産品の開発などに興味をお持ちの方 等
◎参加方法
 Zoom(URLは後日共有)
◎参加費
 ★無料★
◎お申込み先
 https://forms.gle/m3NNwxbPpXXSmTnL6
◎日程(全5回 ※原則全て参加)
 ・10月 6日(火)19時 ~ 22時
 ・10月20日(火)20時 ~ 22時
 ・11月 3日(火)20時 ~ 22時
 ・11月17日(火)20時 ~ 22時
 ・12月 1日(火)20時 ~ 22時
◎お問い合わせ先
 東シナ海の小さな島ブランド株式会社
 担当:蔵元・山下
 電話:09969-3-2212

町営住宅空き家待ち順位登録者募集

町営住宅空き家待ち順位登録者募集案内について
令和2年度4月以降に発生する町営住宅・特定公共賃貸住宅の空き家入居につきまして、申し込みされた方を対象に、抽選により空き家待ち順位を決定します。現在申込みされている方も、新たに申込みが必要ですのでご注意ください。

*申込期間=令和2年3月2日(月曜日)まで
午前8時30分~午後5時15分まで(土日祝を除く)
https://www.town.tatsugo.lg.jp/kensetsu/kurashi/kankyo/torokushaboshu.html

■お問い合わせ
龍郷町役場 建設課
894-0192 鹿児島県大島郡龍郷町浦110番地
電話:0997-69-4521
ファックス:0997-62-2535

龍郷町移住ガイドセンター「住もうディ!」

龍郷町への移住を経験したスタッフが、同じ移住者として、龍郷町の暮らしぶり、家、仕事などのご相談にお応えしながら、移住者と移住先地域が末長く幸せに暮らせるような関係づくりを目指した移住ガイドセンターです。
現地対応はもちろん、オンラインやLINEでの相談も行っております。

下記よりご覧いただけます。
https://tatsugo-iju.com/

令和2年度徳之島町空き家活用セーフティネット住宅改修助成事業のご案内

徳之島町では、空き家の利活用と住宅確保要配偶者の民間住宅への入居の円滑化を図るため、町民が町内の施工業者を利用して、改修工事を行う場合に、その費用の一部を補助します。
同一住宅、同一人につき「1回限り」の補助です。

■補助対象者
 徳之島町内に居住・住民登録をしている方
 町税等を滞納していない方(町外からの転入者は従前の市町村税に滞納が無い方)
■補助対象住宅
 住宅確保要配慮者専用賃貸住宅として10年以上管理すること。
 申請時点において一定期間(3ヶ月以上)空き家であること。
 住宅確保要配慮者に該当する全てを入居対象としたセーフティネット住宅であること。
 入居世帯の収入が38万7千円以下であること。
 家賃の額を近隣住宅の家賃と均衡を保つ水準以下で定められること。
■工事の要件
 町に補助金申請を提出し、リフォーム内容を審査した後に町が送付する「補助の決定通知書」が送られてきてから着工すること
 規定する期限内に完了すること
■施工業者の要件
 徳之島町に本社、支社、営業所等を有する法人又は住所を有する個人業者
 (注)町税等の滞納がないこと

URL:https://www.tokunoshima-town.org/kensetsuka/kurashi/machi/sumai/akiyakatsuyouse-futexijigyo.html

徳之島交流広場 ほーらい館 運営スタッフの募集について

徳之島交流ひろばほーらい館運営スタッフ募集

<職種名>
運営スタッフ
1.トレーニングジムインストラクター・スタジオレッスン・フロント業務
2.スイミングインストラクター業務
3.フロント業務
4.清掃業務
5.フリーインストラクター(有資格者)エアロビクス・ヨガ・その他など

<募集資格>
健康づくりに関する仕事に興味のある方
スポーツが好きな方
他の人の面倒をみる事が好きな方
当施設の運営理念に共感できる方
健康運動指導士・健康運動指導者等スポーツに関する資格保有者優遇

<応募>
年齢高校卒業以上

<給与待遇>
経験・能力・資格等を考慮の上、当施設の規定による。(運営本体:伊仙町役場・健康増進課)
会計年度任用職員として雇用(パートタイム職)
期末手当あり昇給制度あり
各種保険あり年次有給休暇あり

<勤務時間>
2交代制(営業時間10:00~22:00)
1日7.5時間勤務月21日以内勤務、毎週月曜日休館日年末年始町民体育大会日

<応募方法> 
履歴書(写真付き)を持参もしくは下記まで郵送お問い合わせ10:00~18:00

<連絡先>
鹿児島県大島郡伊仙町伊仙2575-2
TEL0997-86-3319(担当竹下)

URL:http://www.town.isen.kagoshima.jp/hourai/staffbosyuu.html

与論町ふるさと留学制度(県立与論高等学校への留学)について

与論町では、「令和3年4月入学」のふるさと留学生を募集いたします。
県立与論高等学校は,「好学・創造・親和・不屈」の校訓の下,よき伝統と爽やかで落ち着いた校風が継承されており、島内唯一の中学校である与論中学校と連携型中高一貫教育を行っている学校でもあります。自然豊かな生活の中での学校生活を送ってみませんか。詳しくは、与論町役場HPをご覧ください。

(留学生募集要項) 
※留学生とは,原則,与論高等学校を卒業するまで在学する生徒です。
<募集対象について> 
(1)島外からふるさと留学生として与論高校に入学・転入学する生徒。 
※入学試験があります。また転入学については,与論高等学校にお問い合わせください。 
(2)地域の風土・教育環境を理解して就学を希望し,かつ保護者の了解を得ている生徒。 
(3)高校卒業後の目標を設定し,進路に向けて意欲的に努力することのできる生徒。 
(4)健全な高等学校生活を送ることができる,心身ともに健康な生徒。 
<募集人数について> 若干名
<受け入れ体制について>
(1)親戚・孫留学(親戚・祖父母の家など受け入れ先のある方)
(2)親子留学(親子で住宅を確保できる方)
(3)里親による受入れ(ホームステイ) ※現在生徒を受け入れる里親がいないため募集していませんが,受け入れ可能時は与論町HPにて案内します。 
<選考について> 選考は面接及び作文審査によって行います。  
<補助制度について>
(1)生活補助として1名につき月30,000円の補助をします。※兄弟等2人以上となる場合は,補助額が2人目20,000円,3人目からは10,000円とします。
(2)借家(保護者同伴)の場合は月20,000円を限度として家賃補助(家賃の1/2補助)を行います。
(3)帰省補助金30,000 円があります。(留学生が1年間本町に在住した後,対象者が帰省した場合,対象者に1回のみ帰省補助金を支払います。)
<学校見学について>学校の活動等を理解する為,学校見学ができます。なお日程等は,学校と相談のうえ決めます。
<問い合わせ先>
(1)入試について:鹿児島県立与論高等学校  
〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花1234 TEL0997-97-206
(2)面接・手続きについて:与論町教育委員会 
〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花1418番地1 TEL0997-97-2441
与論町役場HP>>>http://www.yoron.jp/kyouiku/kiji/pub/default.aspx?c_id=103

令和3年度天城町地域おこし協力隊募集のお知らせ

 天城町は、東は徳之島町、南は伊仙町と隣接し一連の山岳によって囲まれています。
観光スポットは、ムシロ瀬,ヨナマビーチ,犬の門蓋,尚子ロード,千間海岸,天城大橋等あり、人口は5,913人、面積は84.80平方キロメートルの町です。
町の地域活性化や若い世代の移住を目指し、その担い手である、天城町地域おこし協力隊を募集しています。

【会計年度職員としての委嘱期間】
着任日から令和4年3月31日まで(着任日は応相談)
それ以降は最長3年間の採用を検討します
①【企画部門(天城町移住コンシェルジュ)】 年齢:25歳~39歳 1名
②【農政部門】 年齢:概ね25歳~45歳 1名
③【スポーツ部門】 年齢:特に制限なし※応相談 1名
その他、応募要件あり。

※詳しくは、天城町HPまで▶https://www.town.amagi.lg.jp/docs/295.html

住宅入居者募集のお知らせ

 宇検村では、現在空室となっている村営住宅及び定住促進住宅の入居希望者を募集致します。

【募集住宅】
〈村営住宅〉
 須古美長良団地・・・4戸
 名柄団地・・・2戸
 新小勝団地・・1戸

〈定住促進住宅〉
 湯湾住宅3号棟

【応募期間】
 令和2年9月1日~9月11日(予定)

【問合せ先】
 宇検村建設課住宅管理係
 894-3392 鹿児島県大島郡宇検村湯湾915
 電話番号:0997-67-2211
 ファックス:0997-67-2262

奄美市高卒ルーキー雇用奨励補助事業

 奄美市では、奄美大島本島内の高校を卒業した新規高卒者を正規雇用した事業主の方へ対して、一定期間を経過した場合20万円の奨励補助金を支給いたします。

【補助金の対象となる方】
 ・高卒ルーキー(奄美大島本島内の高校を卒業した新規高卒者)を年度始(毎年4月当初)から正規雇用した事業主の方。

【補助金支給額】
 高卒ルーキー1人につき20万円

【補助要件】
 ・奄美市の区域内に本店、支店その他の営業所を設置する事業主の方
 ・対象年度の4月から当該年度の3月までに奄美市に住所を有する高卒ルーキー

【補助の申請期間】
 令和2年3月2日~令和2年3月13日

【お問合せ先】
 奄美市役所 商工観光部商工情報課
 〒894-8555 奄美市名瀬幸町25-8
 電話番号:0997-52-1111

 ※詳細は、奄美HPまで▶https://www.city.amami.lg.jp/shosui/kanko/shokogyo/koyoshien/shoureihojo.html

奄美市新卒ルーキー家賃補助事業

奄美市では、新規に学校等を卒業して正規雇用された従業員の方へ対して、1年間月額上限1万円を補助いたします。

【補助申請期間】
平成31年3月1日~平成31年3月15日

【補助対象者】
新卒ルーキー(採用年度の前年度に学校を卒業した者又は卒業後3年以内の既卒者)として年度始(毎年4月当初)から正規雇用された方。

【補助金支給額】
月額上限1万円
注)毎月2分の1の金額(円未満切捨て)で、上限額1万円。但し、事業所から住居手当が支給されている場合は、家賃から住居手当を差し引いた額の2分の1の金額(円未満切捨て)

【補助の要件】
・奄美市の区域内に本店、支店その他の営業所を設置する事業所の従業員の方
・対象年度の4月から当該年度の3月までに奄美市に住所を有する新卒ルーキー(正規雇用者)の方
・事業所において、出勤簿、賃金台帳、労働者名簿その他労働関係帳簿を整備している事業所に勤務する方
・市税その他を滞納していない方
・事業所の社宅に居住していない方

※詳細は、奄美市HPまで→https://www.city.amami.lg.jp/shosui/kanko/shokogyo/koyoshien/yachinhojo.html

奄美市でインターンシップ事業(仕事体験)

奄美市では、移住希望者が奄美市内の事業所で働くことに対し、地元企業にとっての活性化につながることとして、移住希望者のインターンシップ(移住希望者が奄美市内の事業所で就業体験をする制度)や就職活動に対して、旅費・宿泊費の一部補助をいたします。

【補助金】
移住希望者:往復旅費の実費(上限1万円)、宿泊費の実費(1泊当たり上限2千円)、かつ、10泊を限度とします。

インターンシップに是非興味のある方は、奄美市HPをご覧ください。https://www.city.amami.lg.jp/shosui/machi/shushoku/shien/intern-ijyu.html

移住支援金について

奄美市では離島移住先の対象市町村として、東京圏からのUIJターン者へ市町村を通じて移住支援金を支給する制度があります。

【対象】
(移住・就職に関する要件)
・移住直前に連続して5年以上東京23区に在住していた方。または東京圏から23区に通勤していた方
・令和元年10月3日以降に奄美市へ転入した方
・県のマッチングサイトに掲載されている求人のうち、「奄美市内事業所の雇用者確保支援に向けた行動指針」により、支援を強化する業種として選定されている(1.観光業における宿泊施設2.情報通信産業3.バス乗務員4.大島紬従事者)求人に新規で就業した方

【支給額】 
 単身者:60万円 
 2人以上の世帯の場合:100万円

※詳細は奄美市HPまで→https://www.city.amami.lg.jp/shosui/kanko/shokogyo/koyoshien/ijuushien.html

大和村 移住・定住ガイドブック(大和村)

移住・定住希望者の為にガイドブックを作成しております。


下記よりご覧いただけます。
http://www.vill.yamato.lg.jp/hpkanri/kurashi/iju/documents/ijyuguide20180423.pdf

与路小、中学校留学里親制度(瀬戸内町)

 与路小中学校に転入する児童生徒に費用を助成。

にほんの里・加計呂麻留学制度(瀬戸内町)

 古仁屋小、古仁屋中、阿木名小中学校を除く瀬戸内町の小中学校に家族で転入する児童生徒に費用を助成。

鹿児島県 沖永良部島 和泊町の移住情報サイト「くらすわどまり」(和泊町)

和泊町へ移住・定住される方もしくは検討中の方へ向けて、移住・定住に関する情報発信を行っています。
より多くの方が和泊町に興味を持ち、移住・定住されることを目的とし、和泊町が運営しています。


くらすわどまり
http://www.kurasu-wadomari.info/

青年等就農給付金(徳之島町)

新規就農者に対して「青年等就農給付金」を給付しています。
詳しくは徳之島町役場農林水産課農政係までお問い合わせください。

準備型:就農希望者に対し年間150万円、最長2年間支給。
経営開始型:原則45歳未満の独立・自営かつ認定新規就農者に対し、150万円、最長5年間支給。

喜界島フリー滞在プログラム(喜界町)

移住者と話をしたい、島んちゅ(島民)と話をしたい、役場、学校、病院などの施設をじっくり見学したい、伝統行事や集落行事に参加してみたいなど、島への移住前に知りたい、やりたいことをサポートするために下記のメニューをご用意しました。メニューの中から、ご自分に合ったものを自由に選択できます。


ご自身の滞在プランの中の1つとしてご活用ください。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_kikai/index.html

定住促進に資する支援施策制度について(天城町)
1.浄化槽設置補助
 天城町全域において専用住宅に小型合併浄化槽を設置するものに対して、予算の範囲内で補助金を交付する。
 ○5人槽 332千円 ○6~7人槽 414千円 ○8~10人槽 548千円

 なお、単独浄化槽から合併浄化槽への取り替え費用については、撤去費90千円を補助し
 さらに、単独浄化槽及び汲み取りから合併浄化槽への取り替えの場合は、100千円を上乗せ補助(町単独補助)


2.少子化対策児童養育助成補助

 天城町に居住し、天城町の保育所に通う園児、幼稚園に通う1・2歳児の保育料を全額助成する。


3.医療費助成事業

 天城町に居住する義務教育就学児(中学生)までの医療費の自己負担分を全額助成する。


4.出産祝金支給事業
 出産時において天城町内に居住しており、引き続き定住することが見込まれるものに支給する。

 第1子 5万円・第2子10万円・第3子20万円・第4子30万円・第5子40万円・ 第6子以降50万円


5.放課後児童クラブ

 保護者が労働等により昼間家庭にいない小学校に就学している児童に対し、事業の終了後に適切な遊び及び生活の場を提供している。


6.延長保育

 保育所の閉所時間は通常午後5時だが、希望があれば午後7時ごろまで預かってくれる。


7.敬老祝金支給事業
 天城町に1年以上居住する日本国民で毎年9月1日の基準日において年齢90歳以上の者に支給する。

  ○90歳以上100歳未満の者・・・・年額1万円
  ○100歳以上の者・・・・年額5万円
  ○80歳以上90歳未満の者には、敬老祝いを実施する集落に限り人数割りにより集落敬老祝金として集落へ支給する。


8.合同金婚式

 結婚50周年という長い年月を地域社会のために頑張ってこられたご苦労にたいし敬意を表し、これからの生涯を有意義に過ごしていただけるよう、金婚式を催し、町を挙げてお祝いをする。


9.空き家バンク情報

 空き家等の有効活用を通して、本町への定住促進による地域活性化を図り、空き家等を探している町民への情報提供を目的として「空き家バンク」を設置する。


 「天城町空き家バンク」
https://www.town.amagi.lg.jp/docs/82.html
子育て支援施策(大和村)

様々な子育てに関する支援を実施することで,安心して心豊かに子育てできる環境を提供しています。


 1.出産祝い金
   第1子=20万円
   第2子=30万円
   第3子以降=50万円の祝い金があります。


 2.育児助成金、子ども医療費助成制度
   満6才に達するまでの児童がいる世帯に対し、児童1名につき、月5,000円を助成します。
   高校生以下の子どもを対象に健康保険法の規定により、支払った負担額の全額を助成します。


 3.高校生通学バス代助成
   大和村内には高校がないため、奄美市内の高校に進学する必要があります。
   通学にかかるバス代を全額助成します。


 4.島内専門学校通学補助
   島内の専門学校に通学する学生の養育者の負担を軽減するために通学費の一部を補助します。
   ※補助額の詳細については、大和村教育委員会へお問い合わせください。


 その他の助成制度に関しては下記ページをご覧ください。
 http://www.vill.yamato.lg.jp/hpkanri/kurashi/shussan/josesedo/index.html

定住促進に資する支援施策制度について(大和村)

移住希望者に対応するために村営住宅や定住促進住宅,空き家改修住宅を整備しています。


 1.村営住宅
   建設された年度により,面積や家賃が違います。
   また,家賃は世帯収入金額によって決定します。

  ・鉄筋コンクリート造り(間取り:3DK)
  ・面積 : 63.5㎡ ~ 86.8㎡
  ・平均家賃 : 約15,000円 ~ 25,000円


 2.定住促進住宅
   建っている集落や住宅の広さによって,家賃が違います。
   また家賃は固定家賃です。

  ・木造一戸建て(間取り:2K~3DK)
  ・面積 : 約39.0㎡ ~ 75.0㎡
  ・家賃 : 11,000円 ~ 28,000円


 3.新築住宅助成金
   床面積が50.0㎡以上の住宅を新築した方に対し,100万円を助成します。

宇検村定住促進条例

・村内学校給食費の無償化
・中学卒業までの医療費全額助成
・専門学校通学助成金


【総務企画課】
 ○宇検村定住促進条例
  ・新築住宅助成
  ・中古住宅購入助成
  ・住宅改修費助成
  ・保育料助成金
  ・村営住宅料助成
  ・高校生等通学バス助成
  ・子育て支援金助成


URL:https://www.uken.net/kikakuchousei/documents/h31teiju.pdf

瀬戸内町住宅リフォーム等経済対策事業補助金(瀬戸内町)

 居住する住宅のリフォーム等を行った者へ1件50万円以上の工事に対し20万円を助成。




  • お問い合わせ
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • SNS運用方針