鹿児島 しまのサポーター 鹿児島 しまのサポーター


本文

HOME > イベント・行事 > 文化・風俗 > | 沖永良部島 > | 祭り・花火大会 > 上平川の大蛇踊り【県指定無形民俗文化財】

沖永良部島 上平川の大蛇踊り【県指定無形民俗文化財】

上平川の大蛇踊り【県指定無形民俗文化財】

ご紹介

日本各地に伝えられている蛇踊りとは蛇の操作に違いがあり、十数メートルの3本の竿に大蛇を吊り下げて操作します。この踊りは、上平川集落の幸山政孝という人物が、薩摩藩への貢ぎ物の御用をすませて帰島する際に、嵐にあい、漂着した明国で覚えた踊りを、数年後、沖永良部島へ帰る途中に立ち寄った琉球の歌と踊りを取り入れて大蛇伝統芸能イベント等の際に披露踊りを完成させ、上平川集落へ伝えたと言い伝えられています。

開催時期/期間 伝統芸能イベント等の際に披露
開催市町村 知名町



  • お問い合わせ
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて