鹿児島 しまのサポーター 鹿児島 しまのサポーター


本文

HOME > イベント・行事 > 8月 > | 奄美大島 > | 文化・風俗 > 佐仁の八月踊り【県指定無形民俗文化財】

奄美大島 佐仁の八月踊り【県指定無形民俗文化財】

佐仁の八月踊り【県指定無形民俗文化財】

ご紹介

八月踊りの起源は定かではありません。八月踊りは昔から各集落で唄われ、人から人へ唄い・踊り継がれてきました。もともとは、火災を防ぐための祈願行事のひとつとして行われていたとも言われていますが、現在は五穀豊穣を願って各集落などで踊られています。

※アラセツ:旧暦8月最初の丙(ヒノエ)・丁(ヒノト)の日
※シバサシ:アラセツ終了後の壬(ミズノエ)・癸(ミズノト)の日
※旧暦と干支の組み合わせで日程が決まるため、日程が変わる可能性もあります。

開催時期/期間 8月 アラセツ(新節)」の二日間と「シバサシ(柴差)」の二日間
開催市町村 奄美市



  • お問い合わせ
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて